就職支援プログラム
​(紹介予定派遣制度)

undraw_geniuses_9h9g_edited.png
紹介予定派遣ではたらく(お仕事マッチング )

『多様性の社会、働き方も人それぞれに合った形でできる世の中に』

紹介予定派遣とは、派遣期間(最長6ヶ月)終了後、本人と派遣先企業双方合意のもとに社員となるはたらき方です。

紹介予定派遣は企業と働く人がお互いの特徴や雰囲気をまずは柔軟に理解することからはじめます。

最長6カ月の間で、企業にとっては仕事の特性に合った人材雇用を探しやすくなり、働く人にとっては自分の仕事の適性を見極めてから正社員に応募できたり、新しい就職の形が紹介予定派遣です。

POINT 1 職場の雰囲気を体験できる 
d'intérieur.png

紹介予定派遣は、業務や職場の雰囲気を体感してから直接雇用契約を結ぶ事が可能です。働く上での心配事を解消してから正社員になる事で急な離職が少なくなります。

POINT 2 実力をアピールできる
d'intérieur.png

雇用後の試用期間は形式的な場合も多く、自分の実力をアピールできなかったり、未経験の仕事では応募しにくい事がほとんど。企業に必要な人材と働く人がマッチングし、仕事を通じて双方の見極めができる事で採用に関わるミスマッチを可能な限り減らせます。

POINT 3 雇用条件を伝えやすい
d'intérieur.png

雇用にあたり、雇用形態やそのほかの条件面を伝えるのはなかなか困難。社団法人マールの紹介予定派遣であれば条件交渉や仕事選びを代行します。企業と働く人、双方の考えが乖離する事が少ない状態で直接雇用へと進めるようになります。

undraw_Team_up_re_84ok (1)_edited.png
​紹介予定派遣を活用して就職した方の声
アバター108

工場関係 営業・事務 /  御前崎市 河原崎さん

紹介予定派遣で6カ月間の就業後に正社員へ

紹介予定派遣にして良かったと思うことは何ですか?


前職では警備関係の仕事をしておりましたが、自分のスキルアップを考え転職を検討しておりました。石川事務所さんの就職支援プログラムを知人から紹介してもらい、職場の雰囲気を知ってから就業が可能である部分に惹かれて、就職支援プログラムを活用して、自動車関連の営業事務の仕事に正社員として就くことができました。

 

自力で自分の希望に合った仕事を探すのはとても難しく、通常は仕事内容がわからないまま就職活動をしなければいけません。しかし紹介予定派遣では、自分にできる仕事かどうかを6カ月の間で経験し、自分を知ってもらいコミュニケーションをとる中で業務内容を理解してから正社員になるかを選択できるため、不安を極力排除する形での就業が可能となり、とても良かったです。

今までの仕事とは違う業種で不安がありましたが、石川事務所さんにも確実にサポートをしていただいて安心して再就職ができました。

​よくあるご質問

Q

​紹介予定派遣とはどんな制度ですか?

A

紹介予定派遣は労働者派遣の一種です。最大6か月間企業で派遣労働者として働き、と本人の合意で、企業の従業員(原則として正社員)となります。

Q

紹介予定派遣のメリットはありますか?

A

ある意味お試しで就職できるため、就職のハードルが低く、就業に関する心理的なストレスが軽減されます。仕事の内容や会社の雰囲気を理解して就職でき、派遣終了後に企業の従業員になれる可能性があります。

Q

どんな企業が参加していますか?

A

石川事務所の顧問先および労働環境の確認が取れている企業です。労働者と企業のより良いマッチングを実施するため、社労士としての視点から一定の労働条件をクリアしている企業をご紹介しています。

9c1db33378e7cee378d9530be237c073_m.jpg

人材採用や就職に関するお困りごとは一般社団法人マール(石川事務所内)にご相談ください。

「ハローワークでは上手く仕事が探せなかった」、「職場の雰囲気をよく知ってから働きたい」などといった方が違った視点から仕事を探すことお気軽にお問い合わせください。